随写 & 随想   ミゾハギ

湿地に生えるので溝萩と思ってました。ネットで調べると
お盆の頃咲くので、ボンバナ、ショウリョウバナ(精霊花)などの名もある。祭事にこの花を飾り、汚れを払う為の禊(みそぎ)に使ったとされ、 禊萩(ミソギハギ)となり、それが転じてミソハギになった。また、千屈菜(せんくつさい)と呼ばれて下痢止めなどの民間薬とされ、 また地方によっては食用にされる。千屈菜(みそはぎ)は秋の季語。
なかなかの花ですね。
(2015.8.30.撮影)  (2015.8.31.掲載) 一覧表に戻る   表紙に戻る