丹 沢 通 信

No.77  2004.12. 8.

△tanzawa report

高尾山はまだ紅葉が見られます

△top page

稲荷山コースで、雑木の紅葉と残月

真っ赤に染まったモミジ

木によっては青葉も混じるモミジ


 短いレポートです。
 年賀状用の富士山の写真を撮りに高尾山に12/6(月)行きました。直前の土曜日から日曜日にかけて低気圧が 通過し強風と強雨で順延したのです。当日も朝は風があり寒さ対策だけは心懸けました。

日が差しこむ明るい山路

 京王線高尾山口で下車、ケーブルカー駅脇の稲荷山コースから登ります。1日半前の雨で道が滑るのではない かと危ぶんだのですが予想外に濡れていません。尾根道になると、右手南側からの朝の日が差し込み明るい山道 になります。雑木の紅葉もまたきれいなものです。
 週日でしたが所々で追い越されたり追い越したりで、淋しくない程度にハイカーがいました。


 モミジは丁度紅葉の盛りと思います。場所によっては葉が少し縮れたり、未だ青い葉が残ったりですが、 それらが混じり合って見事な変化をつけています。時には青空を、時には暗い杉林を背景にして日を浴びて輝いています。

 稲荷山の展望台からは展望が開け、遠く筑波山まで見えました。
 富士山を撮るのが目的で朝早く来たためか高尾山山頂も人影がまばらです。売店も開いていません。雲一つない 青空に富士が見られました。年賀状用の写真には雪がもう少し欲しいところです(できれば雲も少し欲しい)。

 もみじ台、一丁平を経て城山に着いたのが11時前、ここの売店は週日ですが開いています。この売店はいろいろな 農産物を売っていますが今日はユズでした。
 ここの南斜面で休憩です。前方に富士がくっきりと見えま す。富士山を区切る手前の山の稜線の左右がアンバランスで富士の姿がどうも落ち着きません。
 右手には三峰の右の遙かに南アルプスの山々が見えます。これほど視界がよいのも珍しいです。
 この斜面では数人の方が休んでいました。暖かい日を浴びて寝っ転がっている人もいます。私もここでのんびり 、そしてゆっくり昼食をとりました。

写真上:
城山から見た南アルプス、尖った白雪の山を近くに いた人に尋ねたら荒川岳と塩見岳の間の山という。

写真右:高尾山の展望台からの富士山、まだ雪が少ない。


 帰路は小仏峠から小仏バス停に抜けました。この道で登る人が結構多いのにびっくりしました。バスを待って 高尾駅から帰途につきました。
 快晴、風も弱く、富士山も紅葉も見られよい山行でした。

(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(671)  Melma!(125)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------