丹 沢 通 信

No.75  2004.10.26.

△tanzawa report

塔ノ岳の紅葉、山頂付近は盛りです

△top page

塔ノ岳〜日高の尾根から西斜面


 10/17に高尾に行きました時は殆ど紅葉は見られませんでした。それで丹沢も紅葉は期待しないで10/24(日)に 出かけました。大倉尾根の植樹したモミジはまだ青々としています。花立山荘を越えると点々と鈍い紅葉が見ら れます。
 そして金冷シの前後から西側の山腹に紅葉がみられるようになりました。当日は曇りでしたが、行き会わせた 方のお話では昨日も来たが、日が射してきれいだったよ、とのことでした。
 登るにつれて薄いガスが流れるようになりました。塔ノ岳山頂は吹きさらしで小休止。序でだからということ で日高を目指します。塔ノ岳を越えると紅葉が一段と鮮やかになったのには驚きました。日高(地図ではひった か)の尾根ではなんと落葉して冬木立なのです。

日高の尾根はガスが流れる冬木立


 尾根道の左右の斜面には鮮やかな紅葉があちこちでみられました。もう紅葉の真っ盛りです。
 塔ノ岳を下ったところの鞍部は崩壊して迂回路の梯子段が作られていますが、この梯子の一つがずり落ちていま す。2歩ほど土の上を歩きますので通過には差し支えありません。でも滑り易いので気をつけてください。

日高の尾根から、枯れ枝と紅葉の枝

 日高で昼食、塔ノ岳は吹きさらしですが、ここは木立があって風も弱くよい休憩場です。
 帰途は一気に(と言っても鈍足です、休憩なしと言うことです)大倉まで下りました。  この日は終日曇りでしたが歩くには寒くなく暑くない快適でした。
 渋沢から始発のバスで出かけました。バスの乗客は結構おおかったのですが山中ではハイカーは少なく、 塔ノ岳山頂でも20名前後でしょう。天候が悪かったせいかも知れません。
 丹沢名物(?)の鹿には沢山出合ました。体型は中型、角がないので雌鹿でしょう。人に狎れず、恐れずという ところでしょうか。
 付録の話です。大倉の登山口からバス停までの道に農家の無人スタンドが並んでいます。新鮮なのでここで 野菜を買って帰ることが多いのです。最近は台風の影響で市場では菜類が高騰していますが、ここでも菜類は 殆どなく、芋やショウガが多かったようです。

 前の号で「山は誰のものか」−丹沢ブナ党シンポジウム−
 をご案内しましたが、講師、パネラーの方をご紹介します。前にメールを下さった方の情報にインター ネットで調べたことを付け加えました。
岩佐恵美さん 共産党前参議院議員
松田宏也さん 高名な登山家で中国四川省・ミニヤコンカから奇跡の生還
金子博文さん アウトドアライターです
岡進さん   丹沢どん会の理事長で秦野で活動されています。作家。
         NPO法人 自然塾丹沢どん会  http://www.donkai.com/
梶谷敏夫さん(パネル討論司会者) 丹沢ぶな党 代表

(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(683)  Melma!(126)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------