丹沢通信No.207   2016. 6. 8. △top page
遅かったセッコク △tanzawa report
6/2(金)、セッコク(石斛)を見に高尾山6号路に行きました。残念ながらやや遅かった。最初のベンチから見られるのは1株だけでした。 大山橋の手前には私が密かに「セッコクの木」と名付けている2本の杉の木に沢山のセッコクが見られました。大山橋では何故か昨年から見られません。 見返りのセッコクは今年も花を沢山つけています。
最初のベンチから見えたセッコク、花がしおれている 見返りのセッコク

以下はセッコクの木に咲いた花です。
  
一丁平のベンチで昼食を摂り、ゆっくり休憩しました。
 花弁の用に見える萼の縁が赤いヤマボウシ やや青に帯びた萼のヤマボウシ
 スイカズラ 大見晴台からの富士山
 ウリノキ マタタビの葉
スイカズラは今年多くなったように思います。
咲いているウリノキは1輪だけ山頂下東側の長い階段の途中で見つけました。数株ある城山巻き道では蕾です。 富士山は綺麗に見えました。午後になっても霞まず見られました。
ジャッケイバラは見られませんでした。
この日は週日でハイカーは中高年が殆ど。一丁平から巻き道を小仏峠へ、旧甲州街道を底沢へ、相模湖駅から帰りました。
(終わり)