丹沢通信No.195  2015. 3. 6. △top page
ハナネコノメ △tanzawa report

昨年始めてハナネコノメ(花猫ノ目)を見まして今年も見ることを楽しみにしておりました。ビジターセンターに照会して5日(木)に日影の沢に行き、 咲き始めの花を見てきました。
ハナネコノメは流れに近い斜面に群落を作ってます。開いている花は未だ少ないです。右の写真のように群落から離れて茎を延ばしている花がありました。
昨年小下沢(こげさわ)のザリクボでハナネコノメの下調べをしてます。 今回見に行った結果は左下写真のように青い小さな小さな蕾が少し見られました。こちらはこれからです。
ザリクボから景信山に登り、底沢峠、明王峠から奈良子峠まで歩きました。前回のメルマガで明王峠と奈良子峠の間に置かれた 萩ノ丸についてちょっと書きました。 藤野観光協会に照会しましたら
「昨年その位置に置かれたそうです。現在調査中ですが、歴史的な根拠はどうやらないようです。」
との回答がありました。
今回は更に別の標識が増えていました。二つの峠の間は緩やかなピークになっています。そのほぼ中央に新しい標識が設けられております (写真上中)。 無名の柱と石で囲んだ石碑らしきものの周囲を枝で囲ってあります。この標識の西、少し下がったところに、前に書いた「萩ノ丸」の 標識があります(写真上右)。新しく作られた標識は「萩ノ丸」に似せております。写真では両者同じような大きさに見えますが、実物では新しい標識が半分くらいの大きさです。 この新しい標識はよく分かりません。

丹沢通信193号で集荷索道について書きましたら読者から
「80年前に台湾、阿里山の桧材の搬出も索道が使われた。」
との情報と写真を頂きました。ありがとうございました。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report -----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(465)  Melma!(189)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------