丹沢通信No.189  2014. 7. 2. △top page
梅雨の合間の高尾山 珍しい花も見ました △tanzawa report

降らないという予報を頼りに6/30(月)に高尾山に行きました。6号路から稲荷山路で山頂へ、仮設のビジターセンターに寄り、一丁平から小仏峠を経て旧甲州街道を下り、底沢峠から 相模湖駅までです。遠くは霧に溶け、足下の草木は雨に濡れ、涼しい道には人影も少なく、高尾山としては静かな歩きでした。
途中で写真を撮っている方に教えられたのがオオカモメズルです。他の木に巻き付いた蔓草で5mm程の小さな花で教えられるまで気づきません。花も名も初めて知りました。

同じ場所でヒメコウゾ(姫楮)を教えていただきました。実が判るように裏返してます。熟した実は別の場所で見つけました。帰宅後調べるとヒメコウゾの花も面白いので来年の宿題です。
 オオカモメズル ヒメコウゾの実 熟したヒメコウゾの実
 左下に未熟の実が3つある
6号路大山橋の横に見られるウリノキは今回見られません。昨年見つけた小仏城山の北側巻き道で見つけましたが蕾が多く花はこれからです。テイカカズラの花は道に沢山落ちてました。 咲いている様子が見られないまま下山しましたが底沢の道路斜面で見つけました。 ムラサキシキブはビジターセンターに寄ったとき蕾の状態で教えて頂きました。咲いていたのは一丁平手前の南側巻き道です。
 ウリノキ テイカカズラ ムラサキシキブ
一丁平のベンチ脇には紅白のヤマボウシがあります。今年のベニヤマボウシは花が大きく、色が薄いように感じました。フタリシズカはこれからです
薄暗い樹下では白い花が目立ちます。杉林の下にヤマアジサイの小さな群生を見たときはハッとしました。
道脇のトリアシショウマは一人端然としてます。
ホタルブクロは多く見られます。見事な花を下から見ましたら4輪のうち3輪は未だ開いてません。こんな大きくて閉じた花を見るのは珍しい経験です。 トラノオは未だ少ないです。近くで見ると5弁の花の集合です。
 ハナイカダ チゴユリ オニシバリ
オオカモメズルを教えていただいてからは何かないかと必死で探しながら歩きました。おかげで幾つか気がついた花や実があります。
高尾山は、何時来ても楽しいです。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report -----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(468)  Melma!(189)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------