丹沢通信No.185  2013.12. 3. △top page
今年も鬼女蘭(キジョラン)を探して △tanzawa report

はぜた実を横から見る、黒褐色の種子が見える
昨年12月8日にやっとキジョランを見つけましたので2日(月)に高尾山に行きました。
 昨年見つけた所に行きますと、枝と蔓の間に朝日に白く輝くものがあり、これがキジョランの果実です。 周辺をよく見ると数個の果実が見えました。果実は葉の色と似ているので後ろからでは見つけにくいです。

今日の目的は達せられました。これからはオマケです。他の場所でキジョランが実っている場所を探します。 3号路にはキジョランの蔓が沢山見られます。ここを通りましたが見つけることが出来ませんでした。
次は1号路です。昨年城見台付近で実が飛来してるのを観察しましたのでここを下りましたが何も見つけることが 出来ませんでした。実ははじけないと見つけにくいので、実が成っていないとはいえませんが。

最後は金比羅−高尾駅の道です。ここでも飛来する実を沢山見ております。金比羅台から下ると直ぐに見つかりました。 道の直ぐ側、頭の高さです。よくよく観察できました。
鬼女蘭の名は季節から能「紅葉狩」からの連想でしょうか。



金比羅台下で見つけたキジョランの実(綿毛中心の下が実)
 コバノガマズミ モミジ最後の輝き
この日は晴れ、山頂で富士山がきれいに見られました。左山裾にわずかに雲を従えてますが、 このような富士山は久しぶりです。大勢の人がこの富士を撮っていました。
高尾も初冬です。紅葉も最後の輝きを見せております。
ビジターセンターで教えて頂いたのがコバノガマズミです。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report -----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(471)  Melma!(187)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------