丹沢通信No.181  2013.8.17. △top page
夏の表尾根に花を探して △tanzawa report

2007年に国定公園巡回のボランテアの方に教えて頂いたサガミジョウロウホトトギスを紹介しました。
下界は猛暑が続きますので山の冷気に触れながら丹沢固有種のこの花を見ようと8/16(金)ヤビツ峠から登り、政次郎尾根を下りました。 結果は残念ながら見られませんでした。理由は分かりません。

秦野駅に降りたらバス停は長蛇の列で驚きました。この暑さにも山を歩く人は多いのですね。 二ノ塔に登る途中からガスが流れ、時折日差しがありますが薄曇りです。風がやや冷たく感じられ歩きやすい天候です。 下りは標高1000m程度でガスが消え日差しが戻りました。

盆休みの故か若い方が多く、親子連れも元気で歩いていました。 行程で変わったことは三ノ塔西端の地蔵像です。帽子と同じ柄のコートが着せられていました。思いなしか優しい微笑をたたえてます。

三ノ塔からの下りの岩場でビランジの花に気づきました。夏は花が少ないと思っていましたが気をつけてみると色々な種類の花が見られます。 下の写真以外にヤマホタルブクロ、ヤマオダマキ、マツカゼソウ、コバギボウシなどが見られました。
border="0" cellpadding="0" cellspacing="0" align="center" >
  ビランジ  ヤハスハハコとバライチゴ、これは広く見られた  ゲンノショウコ
二ノ塔登りでマルハダケブキ三ノ塔登りでハンショウズルの花の跡(成長中の実)黄色の花弁に朱が刺したちょっと可愛い花 尾根道の3m程の木に沢山咲く花


(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(472)  Melma!(185)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------