丹沢通信No.178  2013.5.6. △top page
塔ノ岳は大勢のハイカー、マメザクラが満開 △tanzawa report

5/5(日)、久しぶりに塔ノ岳に登りました。大型連休の最中で混むのは予想していましたが朝のバスは満員で増発、 塔ノ岳山頂はハイカーで溢れるばかり、帰りは大倉バス停でバス待ちの長い列。
平日には年寄りばかりですが今日は色彩豊かなヤマガールなど、老若男女、実に賑やかな山でした。


花立尾根から上はマメザクラが満開です。下の登山道には花びらが散ってましたがこの辺りでは丁度満開です。 近づいて見上げれば夥しい花の重なりです。

塔ノ岳山頂南端には元「日の出山荘」があり長らく荒廃したままでした。今回見ると撤去されていました。 来る度に台風で飛ばされるのではないかと心配してましたが。小屋の跡地に立つと、意外に狭いのですね。

平地では新緑が日毎に色濃くなる初夏の季節です。しかし山はまだまだです。登り道では汗をかきますが、 風が吹きますと冷たく感じます。
休んでいるときは日差しで丁度よく、日が陰って風が吹くと肌寒くなります。

左右の山稜を見ると、裾は薄緑ですが、上に上がると白褐色の枯木の色となります。 山頂近くは早春の季節でしょうか。
日の出山荘跡、山頂の大勢の人の後ろは尊佛山荘大丸の北側斜面、若葉も萌えず地肌が見える


(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(479)  Melma!(185)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------