丹沢通信No.166  2012.6.1. △top page
西丹沢のシロヤシオとトウゴクミツバツツジ △tanzawa report

今年も西丹沢へシロヤシオを見に行きました。花が少ないという情報もありましたがまずまずの花付きです。
5/30(水)新松田7:15発のバスで西丹沢教室へ。手前の箒沢公園橋で下車したのは私達の3人だけでした。 板小屋沢ノ頭から石棚山稜、テシロノ頭を経てツツジ新道に合流する道を辿ります。
朝家を出るときは快晴でしたが山では曇り、更に薄いガスも時折流れます。

板小屋沢ノ頭まではきつい登りです。石棚山稜はブナの美しい林相が心を和ませてくれます。 3人程のハイカーと行き交いましてシロヤシオやトウゴクミツバツツジの情報を聞かせて下さいます。 ベンチで昼食後道を進むといよいよツツジです。花が少ないと聞いていたのですが、木によって違います。
花が多かった昨年は、どの木も一杯につけていました。今年も花一杯の木も散見されますが、花の少ない木が 多いようです。場所からすると、シロヤシオはテシロノ頭までが花が多かったようです。
トウゴクミツバツツジは割合多くの花をつけていました。
ツツジ新道との合流点付近に花を沢山つける大きなシロヤシオがありますが、今年は未だ蕾でした。 ガスも流れるので視界も期待出来ず、山頂を諦めてツツジ新道を下ります。
ツツジ新道の下り トウゴクミツバツツジこんなに沢山の花をつけた木もある

ゴーラ沢出合から先の山腹の道ではオトシブミを沢山見つけました。ここでは毎年見られます。
帰途のバスは17:05発です。朝のバスは満席だったのですが帰りのバスは半分くらいです。 この便を逃すと約2時間後になりますので朝のハイカーは何処へ?ちょっと不思議です。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(501)  Melma!(179)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------