丹沢通信No.165  2012.5.14. △top page
塔ノ岳 尊仏祭りにマメザクラとコイワザクラ △tanzawa report

久しぶりに塔ノ岳に行きました。 昨日、5/13(日)渋沢駅7:36発のバスは満席でした。
天候は晴れ、微風で堀山ノ家までは快調でしたが花立山荘下の階段からへばりました。
途中で僧侶姿の二人を追い越しましたが、この時尊仏祭りに気がつきました。
せっかくだから今日は祭りを拝見ということに決め、山頂でゆっくり食事をし、山荘に入ってコーヒーを頂きます。 遅れた和尚さんの到着を待って祭りが始まりました。登山者の安全と健康、遭難者の冥福を祈る祭りです。

山は春の気配でそれぞれの色調の若芽、若葉です。薄い緑の葉のカエデの手前に、赤紫の葉のカエデが見られます。 マメザクラは塔の手前では散ってましたが山荘の先では丁度満開でした。コイワザクラにも久しぶりの再会です。
塔ノ岳手前の若芽マメザクラを見上げるコイワザクラ

尊仏山荘のご主人から伺った話では、今年はシロヤシオの花付きが悪そうです。山蛭は塔ノ岳にはいないそうです。 また松坂屋で一昨年まで続いていた「夏山相談室」は今年から石井スポーツが引き継いで開催します。ネットで調べました。
第54回夏山相談所
http://www.ici-sports.com/topics/wp-content/uploads/2012/04/1204yamagoya_tranp1.pdf

日曜日のせいかハイカーが多く、種類も多様でした。幼児を連れてくる人。35-42kgの大きなザックを担ぐ若い ハイカー。 花立山荘までの初心者グループなど。
又「山ガール」「山ボーイ」のファッションが多くなり ガール、ボーイを卒業(?)した年齢層にも広がってます。

左:ツルシロカネソウ コイワザクラと一緒に見られた

中:フデリンドウ

右:ミヤマオダマキ 花立山荘下の植生保護金網のなか

(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(501)  Melma!(179)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------