丹沢通信No.163  2012.4.8. △top page
高尾山 日影沢林道から城山への脇道 △tanzawa report

昨年末から今年1月はキジョランを探して右往左往しました。その後は冬ごもりでご無沙汰いたしましたが、 やっと5日に足慣らしに日影沢林道から6号路と花を探して歩きました。
緩やかな日影沢林道を登りますと車止めゲートがあります。この手前、左側斜面に沢沿いの登り道があります。 2009年版昭文社登山地図には点線で道が書かれています。この道を歩くのは始めてです。
崩れた橋、橋桁は頑丈唯一の石段、落石だらけ
沢に架けられた丸太は崩れたり落ちたりする荒れた沢道ですが、道にはみ出た枝を折り払い、短いですが石段も 組まれていますので長く使われている道と思います。登り始めて気がついたのですが 道に沿って電線が張らていました。暗い杉林の下を歩きますが最後は沢が二叉になった所のすこし先で 伐採されて開けた所に出ました。前方は段々となった斜面が見えます。いつの間にか電線、電柱も見えなくなりました。
ここまでは道を辿るのに問題はなかったのですが伐採跡は杉枝が重なり道が分からず無理矢理登りました。 間もなくしっかりとした道に出て城山東側の巻き道に直交しました。ここまで約30分、標高差は約150mです。
  杉林下の沢道  伐採跡に出る城山東側の巻き道に手前から直交した所、 道の右が小仏方向


今年は寒さが続いたためか花が少ないようです。日影沢では未だ日が射さないので花が開いてません。 日の射す対岸にはニリンソウの群生が見られました。
帰路高尾山山頂南側の5号路を通りましたら日当たりがよくスミレが何種類か咲いてました。
下山路は稲荷山コースから左折して6号路を下りました。水行道場を見下ろす道で珍しくエンレイソウを見つけました。
日影沢の花 左からキクザキイチゲ、ヨゴレネコノメソウ、ヨツシベヤマネコノメソウ、フサザクラ、 右端は道入口で沢山見られた花
6号路の花 左からエイザンスミレ、イチリンソウ、ニリンソウエンレイソウ、名は?

平日ですが暖かく登山者も多い日でした。高尾駅から小仏行き8:12のバスは満員でした。 これから花が多くなり高尾山も良い季節になります。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(505)  Melma!(176)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------