丹沢通信No.156  2011.8.11. △top page
高尾山 蛇滝のイワタバコ △tanzawa report

8/10(水)、高尾山蛇滝のイワタバコを見に行きました。蛇滝口から水行道場までは沢沿いで涼しい道です。
道場に登る道両側の石壁にイワタバコが一面に茂り花が咲いています。
道場から更に階段を上がると、突き当たりに割れ目というか凹みというような岩場があって、水が岩を伝って流れる ところにイワタバコが咲いています。
道場付近のイワタバコは手入れされているかのように花も葉も立派です。一方上の岩場ではやや暗く苔むした岩に しがみつくように咲いており、葉っぱ1枚に花1柄のような株もあり、如何にも自然のままという感じです。

水行道場脇の石積壁少し登った岩場
私は「高尾山 花と木の図鑑」を参考にしてますが、これを見ると夏でも結構花が多く掲載されています。 知らない花も多いのですが、この機会に少しでも知ることが出来ればと思って本を携えて歩きました。
キツネノカミソリジャコウソウクサギの若い蕾
イラクサ科 ?ハグロソウタマアジサイヤマノイモ
ノブキ
ヤマノイモは蔓を辿って葉を見て分かりました。浄心門から北側に下ったところに面白い木の花が見えました。 以後終始気をつけて見ましたがこの木一本だけでした。後日花が咲き実がなってクサギと分かりました。 Webにイワタバコ3枚と、草木の花の 写真12枚を掲載しました。新たに名が分かったのは2種ほどで他は分かりません。

この日は子連れ親子が目立ちました。初めて山歩きをするという二人の幼い子を連れた夫婦もいました。 子供二人はそれぞれザックを背負いしっかりとした足取りです。

前回は小仏城山で昼寝を楽しみましたので今回も一丁平で2−30分ほど昼寝をしました。体が休まります。 小仏のバス停の途中までは木陰の道で風もなく涼しいとは感じなかったのですが、バス停に着いたら舗装道路の 照り返しで下界の猛暑に戻りました。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(529)  Melma!(172)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------