丹沢通信No.153  2011.6.5. △top page
高尾山のセッコクが咲き始めてます △tanzawa report

6/2に速報で高尾山のセッコクが咲き始めていますと、報告しました。今日はすこし詳しく紹介します。
昨年セッコクの花を見たのは5/28ですが、その前の5/22に蕾をみているのです。
今年も開花前の蕾を見ようと5/25に行きました。ケーブルカー駅のセッコクが咲き始めているので期待して 6号路に入りましたが全く見られません。この日は山頂のビジターセンターで1号路のセッコクが咲く場所を 聞いてこの道を下りましたがこちらも見られません。

ケーブルカー駅で咲き始めていましたから間もなく咲くと思い、 6/1に6号路に行き、セッコクを見ることができました。

3本の枝にそれぞれセッコクが着床幹の周囲や枝にセッコクが着床
6号路の水行道場の先、左に曲がるところにベンチが離れて2脚あります。ここで最初のセッコクが見られますが、 杉枝の間の奥にありちょっと見にくいです。
この先から大山橋の手前までが沢山見られます。と言っても距離が遠く、樹木の陰になったりで探すのに 苦労します。ということは私が見つけられなかったセッコクはまだまだ沢山あると思います。
最初に見られるセッコク垂れた枝先に咲くセッコク 中には珍しく小さな株大山橋を渡ったところ

大山橋を渡ると、セッコクの案内板があります。幹の先にちょっことあり見にくいです。 往時は沢山咲いていたとハイカーが話していました。
見返りのセッコク1号路の橋を越えたところのセッコク ジャケツイバラ(蛇結茨)
大山橋を越えて、ずっと先に左の沢側に緑色の金網を張ったところがあります。この金網のところで振り返ると セッコクが見られます。昨年ハイカーから「見返りのセッコク」と教えて頂きました。ここは一番近く見られる ところで昨年は大きな群落を見ることができました。今年は何故は小さな叢になっていました。

ここから引き返して1号路のセッコクを探します。最初の橋を越えたところでセッコクが見つかりました。 2番目の橋の先にも2輪のセッコクをやっと見つけました。この先には十一丁茶屋まで見つけることができませんでした。

双眼鏡で上を見ていると「セッコクですか」と声をかけられます。セッコク愛好家が結構多いようで、お互いに 情報を交換します。 この時期に数年間続けてセッコクを見に来られるという方がいました。私は昨年、今年と2年生ですがですが、 これからもセッコクを見続けることになりそうです。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(526)  Melma!(171)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------