丹沢通信No.131  2009.9.25. △top page
裏高尾から景信山 △tanzawa report
 9/21(月=祝)に、連休中でも混まないところへ、ということで裏高尾の蛇滝口から北高尾山稜を経て景信山を歩きました。
ひろびろとした小下沢野営地
   2年前の4月に北高尾山稜 は歩いてます。このときは八王子城址から堂所山まで尾根道を縦走しましたが、今回はそのとき気づいた 脇道を歩きます。
 起点は甲州街道の蛇滝口です。連休で高尾駅はハイカーであふれて、8:12のバスは1台増発です。
蛇滝口で降りたのは私一人でした。バス停から登山道に入るところで迷いました。沢沿いの農家の庭先のような ところから北に入り、中央線の踏切を越え、高速道路手前に案内板があってホットとします。
 以後案内板が多く設けられています。案内板に従って高速道路の下のトンネルを潜ると、草木が茂って道を覆い ここを歩く人が少ないようです。左右の草木から掛けられた蜘蛛の巣が顔にかかりますので枯れた茎を 振り回して歩きます。

  ←踏切を越えると駐車場前に案内板
  ↑高速道路の下を潜る
  →道路に沿って人跡まれな道

 この緩やかな登り道を折り返すとフェンスに仕切られた道になり、更に道路工事に伴うつけ替え道路 と思われる立派な道になります。八王子JCのトンネルの上を通るとやっと登山道になります。この道も人跡まれ、 木は道を覆い、草は道を侵してます。


↑富士見台

←高速道路廻りからやっと登山道へ


 ↑杉沢ノ頭

 登山道を進むと傾斜は急になります。富士見台に着きましたが曇天で富士は見えません。富士見台から急坂を 下り、また登って杉沢ノ頭に着きます。その先のピークは高ドッケと思われますが標識が見当たりませんでした。
 登り下りを繰り返して進むと突然滝ノ沢林道に出ます。ここに案内地図があり、尾根道の狐塚峠から小下沢野営地に 下る道と、直ぐ先に三叉路から野営地に向かう道があります。後者の道をとりました。
野営場への下り折り返し点、
AからBに下るところにCの坂がある、狐塚峠からの道か?
写真中:広々とした広場
写真右:小下沢を渡って景信山へ

 この道は緩やかな下りですが、折り返して下ります。この折り返し点に峰側から下る坂が見えました。 これが狐塚峠からの道と思われます。

 小下沢野営場へはジグザグの急坂を下ります。標高差180m程度を20分弱で降りました。降りたところは谷間とは思えない 広々とした広場です。この広場を横切って小下沢を渡り景信山への道をとります。沢を渡ったところに水場があり 野営地として条件が良い場所です。
 小下沢を渡るとザリクボ沢に沿った緩やかな道ですが徐々に傾斜が急になります。急登を終えると左に 大きく迂回して小仏からの道に合流します。景信山には午後2時頃着きました。遅かったので茶店の客は 少なかったのですが、行き来するハイカーはかなりいました。

 景信山周辺以外は実に閑静な道でした。いいハイキングでした。小下沢林道も歩いてみたい道です。
 秋の花が予想外に多く見られました。私にとって珍しい花のみ掲げます。
オケラヒキオコシキバナアキギリジャコウソウクサボタン

(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(534)  Melma!(153)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------