丹沢通信No.116  2008.5.29. △top page
西丹沢のシロヤシオツツジが花一杯で丁度見頃 △tanzawa report

 今年も西丹沢のシロヤシオが花を一杯に着けています。今年は花が遅いと聞いていたので山北町観光課に 問い合わせ、天候を見て5/27(火)に行きましたら丁度見頃でした。平日ですが新松田からのバスは満員で、 玄倉からの小学生が 乗るのに乗客が詰めあってやっと乗れた感じです。子供達はなれている様子ですが。
 私はいつも箒沢公園橋で降りるのですが満員のバスの中程におり、しかも誰も降りないので迷惑になると思って そのまま終点の西丹沢自然教室まで行きました。バスから降りると教室の方が登山届けを出すように呼びかけており、 多くの方が届けを出して おります。私は馴れた山でも単独行の時は必ず提出しております。

 教室の先の登山口から沢伝い、そして山腹を縫って一旦尾根にでます。ここからはゴーラ沢出合までは 起伏の少ない山腹の道で私の好きな道です。今は雑木の新緑に包まれていますが、秋も見事なことと想像 しながら、未だ来ていません。
 ゴーラ沢に向かう山腹の道  桧洞丸への木道
 下はバイケイソウとマルハダケブキ
 大きな洞の株
 ツツジが見られるのはテシロノ頭からの合流点近くからです。シロヤシオツツジに赤紫のトウゴクミツバツツジ が混じって、何時ものことですが実に見事でした。
ひときは鮮やかなミツバツツジ シロヤシオツツジ、微妙な斑もある。ガスに曇った峰を背景にシロヤシオ

見事に混じって咲いている テシロノ頭への道
 合流点の先から桧洞丸へが木道が伸びています。途中に大きな洞を持った株がありますが私が初めて桧洞丸 に来た1995年以来変わっていません。
 桧洞丸山頂には二、三十人程のハイカーが休んでいました。私もここで昼食。空は曇って寒くなりました。 風がなかったので助かりました。
山頂には高い木がそそり立ちます。葉は未だ茂っていないので見通しがよく開けた感じが好きです。

高木の下で咲くツツジ山頂で見つけた枝振りの良い高木 山頂から下った道で弧高の木、奧は権現山? テシロノ頭への道、葉も未だ少なく開けた山稜
 帰路はテシロノ頭、板小屋沢ノ頭を経て箒沢公園橋に着きました。途中後先になった女性ハイカーの助言 でバスに座るため西丹沢教室まで歩きました。

 話は往路に戻りますがテシロノ頭への合流点近くまでの急坂で、高校生のグループと行き交いました。1グループ15人で 8グループ、前日大倉から登り蛭ケ岳山荘に泊まって下るのです。先頭のグループにゴミが半分近く溜まった 大きなポリ袋を下げている生徒がおり、聞きましたら予想通りゴミを拾って歩いているとのことでした。お礼を言って頭を 下げました。この大勢の高校生達とは急坂ですれ違ったのですが礼儀正しい言動でした。夕方西丹沢教室のバス停に 来た貸し切りバスに向上高校と貼り紙がありました。

 予報では晴れでしたが登るにつれて山にガス、空も曇って富士山は見られません。山頂では完全に曇って 寒く降雨を心配している人もいました。天候が崩れるのを 心配して帰路は急ぎましたが途中から晴れて安心しました。明日からは天気が下り坂という時に、見事な ツツジが見られ実に良い山行でした。

(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(655)  Melma!(157)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------