丹沢通信No.109  2007.10.21. △top page
高尾山に今年も咲くシモバシラ、ほか △tanzawa report
今年も咲いていたシモバシラ
都指定の天然記念物カゴノキ

 長らくご無沙汰しました。前回の報告後、丹沢表尾根、鍋割山に各1回歩いています。 大きな変化もなかったので、最後に簡単に触れます。 他にメルマガ対象ではありませんが岩木山、八甲田にも行っております。

 今回はシモバシラの花を見がてら、高尾山をぶらぶらと歩きましたので報告します。
 10/16(火)曇り、遅くなって雨の予報でハイキングには適さない天候でした。こんな日 ですから山歩きの人も殆どいないと思ったのですが、小仏行きのバスで私以外に3人の ハイカーがいましたので、意外でした。

 バス停から西に歩きますと直ぐ左手に寶珠寺の山門があり都天然記念物「小仏のカゴノキ」 の標識があります。ここを通る時はいつも気になっていたのですが先を急いでいましたので、 見過ごしてきました。今日はぶらぶら歩きですから拝見です。崖の途中に生えている巨木です。  図鑑によればカゴノキは鹿の子木で、鹿の子模様が幹に見られます。

 この季節は秋の花でサラシナショウマ、コウガギクなどが樹林を背景に咲いていました。 お目当てのシモバシラの花(植物のほうです)は一丁平の北斜面が植生保護で立ち入り禁止 になっていたり、草が刈り取られていたりで全く見られません。今年は時期も遅く見られない かなと思いながら最後の頼みの細田屋さんの北斜面でやっと見られました。こちらは かなり多く見られます。2,3年前でしたか、こちらも下草が刈られ霜柱(植物でないほう)が 少なかったことがありました。今年は花も多く、茎も太いので霜柱は大丈夫でしょう。
サラシナショウマ コウガギク(?) オオカサモチ(?) ヤクシソウ
バアソブ セキノアキチョウジ 始めて渡った吊り橋 高尾山口のホームから見える木、名は分からない

一丁平の桜の若木江川杉
 高尾山と言えば紅葉ですが未だ早いのです。所々の桜が色づいて初秋を演じています。
 ビジターセンターに寄って受付で撮影したセキノアキチョウジなどの花の名を教えて貰いましたが 実に親切に対応して下さいました。
 山頂は幼稚園から中学生までの遠足で実に賑やかです。丁度昼の食事時で、園児達の集団は元気いっぱいです。  高尾山はケーブルもあり、体力に応じた登山が出来るので遠足 には便利ですね。私も微かな記憶ですが小学校生の時遠足に来ています。
 ビジターセンターの北側の道に江川杉の標識があります。江川太郎左衛門が植えたとあります。  韮山の反射炉で有名な江川太郎左衛門かと思い帰ってから調べました。 江川太郎左衛門は世襲の代官で、江川家の当主は代々太郎左衛門を名乗ります。 韮山に反射炉を築くなど幕末に活躍した江川太郎左衛門は三十六代の英龍で、時代や彼の治世を 考えると同じ人のように思えます。 歴史上の人物が思わぬところで出てくるので面白いものです。

 いつもはシモバシラだ、縦走だ、と先を急いでいましたが今日は高尾山漫歩で久しぶりに蛸杉の前を通り、 吊り橋を渡るなど違った道で下山しました。たまにはゆっくりするのもよいものです。今回歩いていて道路と標識が よく整備されているのに感心しました。
 最後ですが高尾山口のホームから改札口の反対側に紅色の実を着けた木が見えます。 遠目ではっきりしませんが、実はアオギリのような形ですが葉の形が違います。あまりにもきれいなので 写真に載せました。
サガミジョウロウホトトギス最近鹿が人に寄らなくなりました

 前回の報告で、8/26に丹沢表尾根で幻の花サガミジョウロウホトトギス(相模上臈ほととぎす)を 見つけたと報告しました。その時蕾が多く見られましたので、その後が気になって9/8に行きました。 花は期待通り増えていました。道の側の花も無事でした。この日も暑くハイカーは少ないです。

↑西山林道二俣の先の国有林、間伐と枝打ちで明るくなった

← 鍋割尾根の南斜面のブナ
 9月24日は久しぶりに鍋割山です。二俣から後沢乗越までの道が国有林の伐採工事で閉鎖されていたのですが 8月末に通れるようになりました。伐採工事の後を見ました。新しい太い切り株を見て伐採が行われたことが 分かりますがが杉林が明るくなった以外は大きく変わったような印象はありません。太さ20cm程以下の幹材、 枝打ちされた枝が一面に散らかっています。

 台風9号により北丹沢では大きな被害を受けました。
 http://www.tanzawa-green.co.jp/html/yama/kan/kannogawa01.html
 丹沢の南側は気をつけて見ましたが、後沢乗越や鍋割山尾根で太い木が折れているのが散見されましたが 被害は小さかったようです。
 台風もあってかなり葉が落ち、ブナ林も透いて見えます。

 丹沢通信の読者から鍋割山への登山路の閉鎖解除や、大倉尾根の赤い実のついた木の名前を トウゴクヒメシャラと教えて頂きました。ありがとうございます。HPの写真は早速修正しました。

 丹沢通信のHP版には写真を16枚掲載してあります。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsuka/tanzawa/vol-11/109.html

 岩木山、八甲田山に10/8-9に行きました。八甲田山では強風にあおられ尾根道で難儀でしたが 毛無岱の紅葉は素晴らしかったです。
 またスイスのハイキングもやっとHPにアップできましたので併せご覧くだされれば幸甚です。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~tsuka/hiro/hiro.html
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(636)  Melma!(157)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------