丹沢通信No.108  2007.8.27. △top page
暑い暑い丹沢に、珍しい花二つ △tanzawa report
丹沢固有の幻の花、サガミジョウロウホトトギス ガレ場に咲くビランジ、丹沢では珍しい

 先ず最初に珍しい花を紹介しましょう。左の写真がサガミジョウロウホトトギス(相模上臈杜鵑草) で丹沢の固有種です。乱獲もありますが鹿も食べますので、なかなか見られない花です。 下の写真と合わせ3株の花をほぼ同じ場所で見ました。
 もう一つはビランジです。この二つの花はたまたま通り掛かった国定公園巡回のボランテアの方に 教えて頂きました。

 6月に表尾根でサラサドウダンツツじを見てから丹沢はご無沙汰です。その間7月にスイスに行きました。 田舎町のアッペンツェルの伝統的な建物の写真を1枚トップページに掲載しています。

 スイス行きに買った新しい靴の慣らしも終わっていないし、 高度計も更新したので、道具と体の慣らしで、暑いのは覚悟で久しぶりの丹沢です。 出かけたのは8/26(日)、渋沢を始発のバスで出発し大倉尾根を歩きます。風が弱く蒸し暑い道でした。 登るに連れて雲が一面に広がり、花立尾根からはガスが流れるようになりました。

キツネノカミソリ斜面に広がって咲く、青い実も見られる
 2年前の今頃、キツネノカミソリを見ています。今年もやや遅いのですが花は見られました。 一緒に歩いていた方のお話では10日前は花がもっと鮮やかだったそうです。丹沢では大倉尾根の見晴茶屋手前 の道を横切るように左から右に斜面に一面に咲いています。
 日曜日ですが真夏のせいか登山者は少なく山小屋も半分ほどは閉まっていました。 沢登りを終えて下る人は「涼しいですよ」と言っていましたが、こちらはとにかく暑く、風が弱く 参りました。
 途中でマツカゼソウの白い花やマルハダケブキの黄色の花を見ると秋が近いこと感じます。金冷シの 手前の尾根で一見花が咲いているような木がありました。赤い皮をつけた実でした。名前は 丹沢通信の読者に教えて頂きました。
マツカゼソウマルハダケブキ トウゴクヒメシャラの実 表尾根の修復された道

 やっと塔ノ岳山頂に辿り着きました。休んでいる人も30人程でしょうか空いています。 最初は日高まで行く予定でしたが疲労のため、塔ノ岳から降りることにし、ゆっくり休憩しました。 昼食を含めて約50分の休憩をとりましたら疲労も幾分回復しましたので下りは表尾根に変更です。
 表尾根は崩壊が進んでおり、何ヶ所か橋のように修復されています。
 この崩壊地にビランジが咲いていました。同じ場所にバライチゴも見られました。 ここでは数株のビランジとバライチゴが見られました。崩壊場所で近づくことが難しいので望遠撮影です。 イチゴの味見もできません。このイチゴは大倉尾根の花立尾根の西側崩壊個所で2年前に見ております。 今年は確認していません。

 サガミジョウロウホトトギスが見られたのは崖です。鹿が来られない所です。右下の写真は 最初ナルコユリの仲間かなと思ったのですが図鑑でみると特徴はサガミジョウロウでした。 右端は花の末期と思われます。

 西行きの表尾根の難所は烏尾山から三ノ塔への登りです。いい加減に疲れてから ガレ場や樹林帯を貫いて一気の登りです。今度買った高度計付き腕時計で計ると130mでした。 登り着いたところに小さな石の地蔵さんが建っています。下から見上げるとちょっと微笑しているように 見えます。毛糸の帽子は風雨に曝されて色が褪せていました。
バライチゴ
 ヤビツ峠からバスで秦野駅に出ました。
 話は変わりますがコースに張られた案内によりますと、鍋割山コースの二俣から後沢乗越への道は 一部閉鎖されています。これも今月末で通じるようになります。
 一方玄倉林道のトンネル崩壊による通交禁止でユーシンロッジは休業です。此方は玄倉林道だけでなく 山神峠からユーシンへの道も崩落で通交止めです。この道は6年前に歩きまして、 道は補修直後と思われましたが、崩れやすい所という印象があります。何れの道も早く修復される ことを願っております。

 新品の靴ですがスイスにはちょっと不安で古い靴にしました。今度で2度目の使用ですが、 踝のあてものをちょっと工夫することで全く不安なく使えます。
 高度計は相対高度ですがメモリーもついて便利になりました。
(終わり)

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステム(発行部数)で   まぐまぐ(630)  Melma!(157)
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------