丹 沢 通 信  No. 4  2000. 6. 10.
丹沢玄倉・山神峠のようす
山神峠、横文字で併記されて、国際的! 中央には熊木沢ダムからの導水管が尾根を下っています。

今回は読者から頂いた登山道について掲載いたします。情報をお寄せくださったのは秦野山岳会の松隈さんです。松隈さんは丹沢のあまり人の歩かないコースを辿られるのがご趣味でこれからも珍しい道をご紹介いただけると期待しております。

以下「丹沢玄倉・山神峠のようす」と題して頂いた情報です。
昔、玄倉林道ができるまえのことですが、玄倉からユーシンへの入山は山神>峠を越えたそうです。玄倉川沿いの林道ができて、この道を通る人は希と>なって、その後の自然荒廃から、案内地図からもコースが消えてしまいました。何かの折りに玄倉から秦野峠に出かけたとき、山神峠への分岐がある蕗平橋で『コースが崩壊して危険である』とかかかれた道標を見た記憶があります。
山神峠の山神様 山神峠を峠の北側から石段の上に居る山神様が見守って居るよう。ほんとに静かなたたずまいです。中央上が山神様 山神峠の峠北側にある道標 峠〜ユーシン間から石棚山、檜洞丸方向
  ところが偶然にも、その道が開通していることを知ってしまったのです。
早速、ユーシン側の玄林道分岐点から山神峠を歩きましたが、補修しが済ん>だばかりのようで、とても歩き易く新鮮な感じの遊歩道に仕上がっていました。途中3〜4本の沢をわたっていくのですが、岩清水も結構おいしかったです。 道沿いの樹林も結構気分良く生えていました。 ユーシン〜山神峠で言いますと、前半のユーシン側は自由な自然林で、山神峠までの後半は杉や檜の整然とした人工林ででした。 また、道際に昔の石積みなどを見つけると、古い山旅ことなどがカットバックしてきたものです。
台風などの嵐のくるまえに、お出かけることよう、お勧めしたいです。
峠〜ユーシン間 崩落跡には新品の木造橋が掛かった 玄倉林道との分岐点(手前)にベンチもできた

コース例:寄木大橋--雨山峠--玄倉林道--山神峠--伊勢沢の頭--秦野峠--寄木大橋(約7時間)
   (このほか丹沢湖畔の玄倉を起点のコースもあります。)
なお、写真を6枚お送りいただきましたので、掲載します。写真説明も松隈さんです。撮影は4/2です。

なお、松隈さんから西丹沢自然公園で行われた西丹沢山開きについての情報も頂いております。
峠〜ユーシン間

前夜(塚本注:5/27)の雨をすって、新緑がピンシャンと活気づいた早朝、自然教室前の駐車場で神主のお払いを受けたのですが、関係者(役所、警察、消防が50人位いました)に一団に混じって、いい汗をかいてきました。

またボッカ駅伝についてのメールも頂いております。
昨日(塚本注:6/4)はボッカ駅伝でした。 丹沢山開きの行事の一環ですが、それよりも盛況でした。 天候に恵まれ、一般の部の前回のチャンピオンの>富山県警(高岡警察)のレンジャーは、防衛ならず、三位に終わりました。一位が神奈川県国体選手選抜ティーム、二位が自衛隊の選抜ティームでした。

--------------------------------------------- tanzawa report ----------
配信登録と解除は右のシステムで   まぐまぐ  Melma!
発行:不定期  発行者:塚本 宏  バックナンバーは  ご意見・ご連絡は
------------ 丹 沢 通 信 -----------------------------------------------