丹沢通信のページ

△top page

   丹沢通信は丹沢や近隣の山稜を歩いた情報です。
山は季節によって装いを新たにし、天候に応じて様々に変わります。歩く度に新し い発見があり感激があります。この自然に親しみながら、さまざまな情報を掲載します。

下の目次は発行順ですが季節別の目次も作りました。 時期による山の変化を知るには便利です。

   −−− 発行した丹沢通信 一覧  No.をクリックされるとご覧頂けます −−−
No.209  2016.10.25. 初秋の陣馬山
No.208  2016.10.17. 久しぶりの高尾山 センブリを見つけました
No.207  2016. 6. 8. 遅かったセッコク
No.206  2016. 5. 7. ザリクボ・景信山から陣馬山
No.205  2016. 4. 8. 大山から不動尻、ミツマタが見られた
No.204  2016. 3.19. ハナネコノメソウを追って
No.203  2016. 3. 4. 高尾山にハナネコノメソウが咲きはじめました
No.202  2015.12.30. シモバシラが咲きはじめた高尾山
No.201  2015.11.23. 人もモミジも高尾山
No.200  2015. 8.27. 高尾林道から大平林道
No.199  2015. 8. 7. 大垂水峠から学習の歩道と森林ふれあい館
No.198  2015. 6. 4. やや遅かった高尾山のセッコク
No.197  2015. 5. 9. 矢ノ音
No.196  2015. 4.20. 萩ノ丸
No.195  2015. 3. 6. ハナネコノメ
No.194  2015. 1.28. 陣馬山から景信山、萩ノ丸とは?
No.193  2014.11. 4. 陣馬山 集材索道
No.192  2014. 9. 7. 高尾山 秋口の花々
No.191  2014. 8.16. キジョラン(鬼女蘭)の花と実
No.190  2014. 8. 1. イタドリ沢ノ頭から猛暑の陣馬山へ
No.189  2014. 6.30. 梅雨の合間の高尾山 珍しい花も見ました
No.188  2014. 4.28. 小下沢から景信山へハナネコノメを確認
No.187  2014. 4.13. 桜満開の高尾山
No.186  2014. 3.15. 南高尾山稜から峰の薬師へ
No.185  2013.12. 3. 今年も鬼女蘭(キジョラン)を探して
No.184  2013.11. 9. 晩秋の鍋割山稜
No.183  2013.11. 1. 丹沢は錦秋の秋
No.182  2013.10.27. 雨の陣馬山 新コースを歩いて
No.181  2013. 8.17. 夏の表尾根に花を探して
No.180  2013. 6. 7. 高尾山 今年のセッコク
No.179  2013. 5.18. 表尾根にシロヤシオツツジ
No.178  2013. 5. 6. 塔ノ岳は大勢のハイカー、マメザクラが満開
No.177  2013. 3.17. 高尾山 花のさきがけ
No.176  2013. 2. 6. 陣馬山 冬だから見えるもの
No.175  2013. 1.12. 冬枯れの大山 静寂な下り道
No.174  2012.12. 9. やっと見つけたキジョランの実
No.173  2012.10.31. 塔ノ岳から鍋割山 見事な紅葉です!
No.172  2012.10.20. 奥多摩 浅間尾根から払沢(ほっさわ)の滝
No.171  2012. 8.22. 万六尾根から浅間峠 風がなくて暑かった
No.170  2012. 7.29. 和田からの陣馬山 気持ち良い尾根道
No.169  2012. 7. 7. 霧の表尾根 ヤマボウシ咲く
No.168  2012. 6.25. 高尾山 ウリノキ
No.167  2012. 6. 5. 高尾山 今年のセッコク
No.166  2012. 6. 1. 西丹沢のシロヤシオとトウゴクミツバツツジ
No.165  2012. 5.14. 塔ノ岳 尊仏祭りにマメザクラとコイワザクラ
No.164  2012. 5. 2. 山蛭に注意! 西山林道から後沢乗越の道で
No.163  2012. 4. 8. 高尾山 日影沢林道から城山への脇道
No.162  2012. 1. 6. 高尾山1号路にキジョランの実が静かに降る
No.161  2011.12.19. 陣馬山から高尾山にかけて見事なシモバシラ
No.160  2011.12.13. 高尾山に鬼女蘭を求めて
No.159  2011.10.23. 霧の丹沢山 墨絵の日高尾根
No.158  2011. 9.30. 塔ノ岳 ちょっぴり冠雪の冨士
No.157  2011. 9.13. 高尾山 鬼女蘭となぞの木を探して
No.156  2011. 8.11. 高尾山 蛇滝のイワタバコ
No.155  2011. 6.24. 高尾山 初夏の登山道に野猿の群れ
No.154  2011. 6. 9. 檜洞丸のシロヤシオとミツバツツジが見事です
No.153  2011. 6. 5. 高尾山のセッコクが咲き始めてます
No.152  2011. 5. 6. 薄霧の大山と鐘ケ嶽
No.151  2011. 4.29. 奥多摩の新緑と御岳山の花
No.150  2011. 4.21. 鍋割山稜 春景色と冬の名残
No.149  2011. 1.31. 陣馬山から高尾山 猪に出会いました
No.148  2010.12. 7. 陣馬山から高尾山の尾根道
No.147  2010.11.21. 表尾根は秋の終わり
No.146  2010.10.17. 塔ノ岳から丹沢山の紅葉と尾根道の整備
No.145  2010.10. 7. ヤビツ峠から表尾根、政次郎尾根
No.144  2010. 9.27. 二俣から鍋割山への道が整備中
No.143  2010. 9.21. 高尾山 小下沢林道、関場峠を経て夕やけ小やけの里へ
No.142  2010. 8. 7. 高尾山 蛇滝のイワタバコ
No.141  2010. 6. 8. 檜洞丸から熊笹ノ峰にかけてのシロヤシオ
No.140  2010. 5.30. 高尾山 見返りのセッコク
No.139  2010. 5.24. 高尾山 金ラン、銀ランの花
No.138  2010. 5. 5. 二十六夜山、信仰の伝説
No.137  2010. 4.25. 鍋割山のマメザクラ、雪も舞う
No.136  2010. 4.16. 桜咲く大倉尾根
No.135  2010. 4.11. 高尾山、花の断片
No.134  2009.12.29. 陣馬山の「しもばしら」
No.133  2009.10.26. 倉岳山から高畑山へ
No.132  2009.10.18. 丹沢の尾根はもう秋
No.131  2009. 9.25. 裏高尾から景信山
No.130  2009. 7.10. 権現山からもう一つの不老山へ
No.129  2009. 6. 4. 不老山のサンショウバラ
No.128  2009. 5.20. 高尾山で珍しい花3種を見ました!
No.127  2009. 5. 6. 塔ノ岳のコイワザクラとマメザクラ
No.126  2009. 4.19. ミツマタのミツバ岳を再訪
No.125  2009. 4.10. 高尾山 日影沢林道から花を尋ねて
No.124  2009. 3.16. 不動尻のミツマタ
No.123  2009. 2.16. 百蔵山と猿橋
No.122  2008.12. 8. 高尾山の "初" シモバシラ
No.121  2008.11.17. 小丸から二俣への下りで道を間違えないで
No.120  2008.11. 4. 三国山、生籐山、茅丸、醍醐丸の尾根道
No.119  2008.10.20. 紅葉の始まり、鍋割山
No.118  2008. 8. 4. 大垂水から小仏城山へ、初めての道にヤマユリが咲く
No.117  2008. 6.23. 霧の表尾根 雨に濡れた花、花、花・・・
No.116  2008. 5.29. 西丹沢のシロヤシオツツジが花一杯で丁度見頃
No.115  2008. 5.21. 高尾山の春の花々
No.114  2008. 5. 8. 久しぶりの大倉尾根、珍しいキンランも見ました
No.113  2008. 4.13. 坪山のヒカゲツツジを再訪
No.112  2008. 3.27. 不動尻のミツマタが見頃です
No.111  2008. 1.16. 高尾山の今年のシモバシラ
No.110  2007.11.17. 丹沢の秋 小丸から二俣の道の紅葉
No.109  2007.10.21. 高尾山に今年も咲くシモバシラ、ほか
No.108  2007. 8.75. 暑い暑い丹沢に、珍しい花二つ
No.107  2007. 6.25. 表尾根にやっと見つけたサラサドウダン
No.106  2007. 5. 4. タフな北高尾山稜と、霰に驚く塔ノ岳
No.105  2007. 3.16. 不動尻のミツマタが花盛り
No.104  2007. 3. 8. 春のさきがけ、ダンコウバイが咲く
No.103  2007. 1.17. 高尾山のシモバシラ
No.102  2006.12.30. 陣馬山のシモバシラ
No.101  2006.11. 7. 塔ノ岳の南は秋、北は紅葉の終わり
No.100  2006.10.17. 丹沢三峰は紅葉の始まり
No.99  2006.10. 5. 初めてのヨモギ平、テンニンソウの大群落
No.98  2006. 6.30. 霧とウツギ、ヤマボウシの表尾根
No.97  2006. 6.16. 滝と沢の川苔山 新緑に白いガクウツギ
No.96  2006. 4.27. 菩提滝の沢保存会、不動明王・風神・山神の祭典
No.95  2006. 3.30. 三峰から不動尻、ミツマタが一面に咲く
No.94  2006. 3.19. 丹沢に春、ダンコウバイが咲く
No.93  2006. 1.24. 高柄山は低山ながらタフな山
No.92  2005.12.18. 高尾山に「しもばしら」がいっぱいできています!
No.91  2005.11. 4. 大倉尾根はマユミの実盛り、塔は紅葉、日高は晩秋の気配
No.90  2005. 9.22. 旧ヤビツ峠と岳ノ塔
No.89  2005. 8.25. 久しぶりに塔ノ岳、山麓のキツネノカミソリ
No.88  2005. 6.29. 表尾根のサラサドウダン、蝉時雨の寿岳
No.87  2005. 6. 2. 丹沢三峰 こちらもシロヤシオがいっぱい!
No.86  2005. 5.23. 西丹沢のシロヤシオ、嬉しいことに今年は花がいっぱい!
No.85  2005. 5. 9. 孫仏祭り、そして可憐なコイワザクラ
No.84  2005. 4.20. 鍋割山のアセビは盛りです
No.83  2005. 4.13. ミツバ岳から権現山、素晴らしいミツマタの花と香り
No.82  2005. 3.30. 大山へ講中の道、不動尻はミツマタの花盛り
No.81  2005. 3.21. 春の訪れ、咲き始めたダンコウバイ
No.80  2005. 2. 8. 久しぶりの表尾根、雪道で難渋
No.79  2004.12.25. 高尾山 シモバシラに咲く「しもばしら」
No.78  2004.12.18. 久しぶりの鍋割山、初冬でいろいろ発見
No.77  2004.12. 8. 高尾山はまだ紅葉が見られます
No.76  2004.11.24. 丹沢東山麓のハイキング道 荻野高取山
No.75  2004.10.26. 塔ノ岳の紅葉、山頂付近は盛りです
No.74  2004.10.25. 東丹沢の危機!
No.73  2004.10.19. 高尾・一丁平のシモバシラ
No.72  2004. 8. 3. 咲き始めたマルバダケブキ
No.71  2004. 5.31. なんとか間にあったシロヤシオ
No.70  2004. 5. 3. 塔ノ岳のマメザクラとコイワザクラ
No.69  2004. 4.28. 坪山のヒカゲツツジ
No.68  2004. 4.24. 丹沢はマメザクラの花盛り
No.67  2004. 4. 4. 大倉尾根のダンコウバイは何処?
No.66  2004. 3. 8. 松田の河津桜(?)は見頃です
No.65  2004. 2. 3. 諸戸から大山、ほか
No.64  2003.12.24. 高尾の「しもばしら」
No.63  2003.12. 6. 表尾根、ほか
No.62  2003.11.17. 大山北尾根 晩秋の気持ちよい尾根道
No.61  2003.11. 9. 松隈さんのCD・・・丹沢山塊のご紹介
No.60  2003.10.25. シモバシラ(植物)の花を探して高尾山へ
No.59  2003.10.19. 三ツ峠山の紅葉と雲間の富士
No.58  2003. 9.23. 扇山に秋の花々
No.57  2003. 9.14. 大倉尾根のモミジに異常 暑さが原因?
No.56  2003. 9.10. 三ノ塔に涼しい風、久しぶりの富士を見て
No.55  2003. 6.24. 梅雨のあいまに鍋割山へ、ニシキウツギの花盛り
No.54  2003. 5.24. シロヤシオツツジを尋ねて西丹沢へ・・・残念ながら今年も花が少ない
No.53  2003. 5.14. 第12回 尊仏祭り 新たに観音像を安置して
No.52  2003. 5. 7. 小仏から陣馬山へ、スミレとイカリソウ
No.51  2003. 4.17. 西山林道は春爛漫、アブラチャンとマメザクラ
No.50  2003. 3.23. 大倉尾根にダンコウバイの花、そして塔ノ岳は白雪の世界
No.49  2003. 2.20. 仏果山・・・明るくい冬枯れの道、ほか
No.48  2002.12.30. 陣馬山・・・シモバシラをもう一度尋ねて
No.47  2002.12.18. 高尾山・・・シモバシラを尋ねて
No.46  2002.12. 1. 高川山・・・秀麗富岳12景、丹沢−西山林道、棒ノ折山九鬼山
No.45  2002.11. 9. 九鬼山・・・秀麗富岳12景
No.44  2002.10.29. 境隧道−山神峠−伊勢沢ノ頭−秦野峠からシダンゴ山へ
No.43  2002.10. 8. 雨山橋−雨山峠から鍋割山へ
No.42  2002. 7.30. 書策新道から表尾根へ
No.41  2002. 6.14. ウツギ、ヤマボウシ、そしてサラサドウダンの花の鍋割山
No.40  2002. 5.23. 今年は花が少ない桧洞丸のツツジ
No.39  2002. 5. 4. 丹沢三ツ峰 満開のマメザクラ
No.38  2002. 4. 3. アセビの道 小丸から二俣へ
No.37  2002. 3.11. 早春の塔ノ岳、はやダンコウバイの花
No.36  2002. 2.19. 雄大な冨士を前に、金時山、高指山、ほかお知らせ
No.35  2001.12.13. 山神峠−ユーシン−同角ノ頭
No.34  2001.12. 5. 日向薬師から大山、ヤビツ峠
No.33  2001.11.24. 錦秋の玄倉から塔ノ岳
No.32  2001.10.13. 秋化粧を始めた丹沢山
No.31  2001. 9.26. 鍋割山から初冠雪の冨士
No.30  2001. 9. 9. 蛭ケ岳の旧山荘残骸の清掃作業、ほか
No.29  2001. 7.26. 北丹沢センターからのお知らせと、今年の丹沢の工事予定ほか
No.28  2001. 7.14. 第2回丹沢自然環境保全ワークショップのご案内
No.27  2001. 7.10. 霧雨の表尾根
No.26  2001. 6.24. ミニ・ニュース いろいろ
No.25  2001. 5.28. 西丹澤・桧洞丸のツツジ
No.24  2001. 5.15. 塔の岳の尊仏祭りと登山道整備のお便り
No.23  2001. 4.28. 寄から栗ノ木洞への登山道入り口
No.22  2001. 4.13. 春の寄から栗ノ木洞を経て冬木立の鍋割山へ
No.21  2001. 3.23. 春霞の塔ノ岳
No.20  2001. 3.13. 仏果山と経ケ岳---丹沢山塊を東から見る
No.19  2001. 1.22. ニュージーランドのトレッキング−続 あれこれとこぼれ話を
No.18  2001. 1.19. ニュージーランドのトレッキング
No.17  2000.12.27. ユーシンロッジに泊まり損ねて山行の失敗
No.16  2000.11.26. 鍋割山から大倉へ---麓は紅葉、尾根は冬木立
No.15  2000.10. 9. 鍋割山から塔、大倉へ---赤いヤマボウシの実
No.14  2000.10. 1. 歌曲「丹澤」の場所は?
No.13  2000. 9.27. ひる・ヒル・蛭 特集 その2
No.12  2000. 9.25. ひる・ヒル・蛭 特集
No.11  2000. 9.22. まぼろしの大滝---名瀑100選の早戸大滝
No.10  2000. 9. 9. 畦ケ丸---静かな山行、でも蒸し暑かった
No. 9  2000. 8.26. コースタイム、畦ケ丸のニュース
No. 8  2000. 8. 1. 涼しい話---水と山のコース紹介
No. 7  2000. 7.13. 丹沢山のバイケイソウ
No. 6  2000. 7. 8. 山北町 名瀑100選の洒水の滝祭り
No. 5  2000. 6.21. ヤマボウシ満開の大倉尾根−鍋割山
No. 4  2000. 6.10. 丹沢玄倉・山神峠のようす
No. 3  2000. 5.30. 檜洞丸のシロヤシオとミツバツツジ
No. 2  2000. 5.17. 塔ノ岳の孫仏(そんぶつ)祭り
No. 1  2000. 5. 1. 鍋割山にマメザクラ
見本誌  2000. 4. 2. 大倉尾根のダンコウバイの花