北海道 ガーデン街道   2015.6.25-27.
昨秋、富良野・美瑛で三つの庭園を見ていい印象だったので「ガーデン街道」と称する8庭園などを巡るツアーに参加しました。 それそれ個性のある庭園でした。霧雨の時は寒く、日が照るとやや暑くなります。時間が短いので各庭園とも見られたのはごく一部でした。 庭園とは別に、富良野地区では丘陵がつながり、十勝地区では一望千里の雄大な風景を楽しみました。

上野ファーム
英国で園芸を学んだ上野砂由紀さんが米作農家を営む旭川市の実家で、英国風庭園をモデルとし北海道らしさを大切にしたガーデンです。 花期は短いが季節の移りを現す宿根草を増やしている。

大雪・森のガーデン
2013年開園の若い庭園。下の写真は「北海道ガーデンショー2015大雪デザインコンペティション」応募の3点。

富良野・ファーム富田
ラベンダーを守り続けて観光農園として有名。昨秋と違って丁度花に会うことができた。

富良野・風のガーデン
昨秋に見て感激した庭園。外周の自然と調和している。

十勝千年の森
遙か山麓までの広大な敷地に、森づくりと農業に取り組んでいという。お目当てのヤギのチーズを買いました。

真鍋庭園
樹木の美しさ見せるという概念でつくられている。一番落ち着いた雰囲気。

紫竹ガーデン
紫竹 昭葉(あきよ)さんが63歳のとき、1500坪の土地を入手、野の花が自由に咲くお花畑のような花園づくりを夢見、20年以上の間に木を植え花を植え、現在の森のような庭園とした。 左写真は朝食場、右写真はクレマチスで花が大きく、種類が多かった。

六花の森
菓子で有名な六花亭が造った庭園。木造のミニ美術館が林間の散在する。森と水の印象。

十勝ヒルズ
丘の上に造られた庭園で現在も盛んに造成工事中。

(北海道 ガーデン街道 終わり)