会津駒ヶ岳から尾瀬へ

 2009.7.20.

△top page
△山の頁 top

駒ノ小屋

会津駒ヶ岳から見た駒の小屋、小屋の右下が残雪

 会津駒ヶ岳は日本百名山の一つです。昨年から計画してやっと今年7月20日に行きました。
コースは駒ヶ岳登山口から会津駒ヶ岳(泊)、富士見林道、大杉林道を経て尾瀬御池、裏燧を通り温泉小屋(泊)、 見晴十字路、白砂越え、大江湿原、三平峠、大清水です。

 東武鉄道→野岩鉄道の会津高原尾瀬口駅で9:25下車、沼山峠行き会津バスに乗車、乗換時間は5分間と短く バス乗車券を売店で急いで買いました。乗客は約8割で途中乗降は数人で殆どはハイカーです。 10:37、会津駒ヶ岳登山口で降りたのは私たちほか男性1名。案内板に導かれ会津駒ヶ岳に林道を歩きます。
 直ぐに「駒一の橋」の手前に立派なトイレがあります。林道を登りますと左手の山腹を登る近道の標識が 地図つきであります。この登山道が林道に合流する地点で昼食休憩を取りました。
↑「駒一の橋」脇のトイレ
林道からの近道と地図の標識→
林道からの登山口、登山者の計数計が設置されている 樹木に覆われた緩やかな山道

 バス停から昼食時間を含め約40分で登山口の階段に着きます。登り口に計数計をつけた急な階段を 登るといよいよ山道です。途中数回の休憩後、1時間40分で山頂まで2.9kmの標識がる水場に着きます。 大勢のハイカーが休んでいました。 水は登山道から急坂を少し降りますが、冷たいおいしい水で急坂を降りる価値があります。
薄いガスの中に小屋がガ見える、道は左に大きく迂回した段々の木道 駒の小屋正面 会津駒ヶ岳山頂

 山頂に近づくにつれて晴れていた空は曇り、駒の小屋がガスに霞んで見えるようになります。 小屋の手前は階段と木道が続きます。  小屋について荷物を下ろし水と雨具を持って山頂に向かいます。残雪の下の湿地にはハクサンコザクラ が群生しており、ほかでは実になっているチングルマの花も見られます。この脇を段々の木道が通じ、 最後は短い急坂で山頂に着きます。ガスに囲まれ周囲は全く見えません。
 小屋に戻りビールを買って持参した夕食を摂って一日目は終わりました。小屋は檜枝岐村が平成元年に 再建し、若い夫婦(?)が借り受けて運営しております。素泊まりだけで\3,000. 定員は30人で前日が満員だったため 今日になったのです。小屋は清潔で寝具も綺麗です。明かりは珍しく灯油ランプで8時に部屋は消灯です。 トイレは別棟で1:30頃起きたときは星空でした。
駒ノ小屋から払暁の展望、中写真の奥は女峰か、右は角度をずらして撮影した燧岳

 夜中は星空で喜んだのですが朝起きると上の写真のように厚い雲です。降らないことを願っていたのですが 朝食中に降りだしました。西の空を見ながら雨具の上だけを着けて出発です。
↑大津岐峠の高い標識  ↑電発避難小屋

←尾根道は視界が開け気持ちのよい道

 小屋を出ると直ぐに急坂の降り道になります。約60m下がると緩やかな尾根道になります。 時々シラビソの林を抜けますが写真のように開けた尾根道です。地図では富士見林道、大杉林道と 書かれていますが普通の山道です。この日は曇り、時々小雨で視界は良いとはいえませんが、 その代わり日差しもなく歩きやすかったです。ただブヨの群れが襲い、顔の廻りに終始飛び交い、 うなじと耳はしょっちゅう刺されました。
 右は大杉岳は樹木に覆われた山です。右は雪のためか傾いた標識です。尾瀬御池までは 木々の下を通る道でした。御池山の駅で昼食休憩、ブヨはここまでは追ってきません。

 裏燧は初めての道です。前半は木道が整備され、次々に現れる田代(湿原)はオゼソウとワタスゲ が見られます。大きな傾斜湿原もあります。予想外に良い景観の道でした。
←いくつも現れる田代
裏燧橋↓
 しかし後半は鬱蒼とした森林の中で視界も利きません。あちこちのギンリョウソウだけが目につきました。 木道も古く、しかも泥まみれに濡れていて非常に滑りやすいのです。 転ぶことはなかったのですが数回滑り、歩くのに難儀しました。
 突然立派な吊り橋が現れ驚きました。平成9年竣工の裏燧橋で真新しいです。
夕方近くなって温泉小屋に着きましたが 汚れた服装や靴の後始末が大変で、つまみ洗いをしたズボンの乾燥など、小屋の方にお世話になりました。  この小屋も新しく清潔です。山小屋ですと言っていますが旅館です。個室で2食つき@9,000.です。
↑温泉小屋の遠景  ↑カラマツソウ越しの至仏岳

見晴十字路から白砂越えの道、鬱蒼とした樹木、メイン道路で木道は非常に良く整備されている→
右端写真、樹木の下のショウキラン→
 夜中に見た空は星が出ていましたが、朝食の時は強い雨、小屋を出るときは小降りでした。 見晴十字路までの木道は濡れて滑りやすい。見晴十字路まで出ると大勢の人です。白砂越えで尾瀬沼 に向かいます。途中で珍しくショウキランを見つけました。白砂峠を越えて点在する湿原にはニッコウキスゲ が咲いています。当初の予定では沼尻から尾瀬湖の東岸を廻って三平下に出る予定だったのですが、 大江湿原のニッコウキスゲを見る目的で湖の西側を廻ります。
 大江湿原のニッコウキスゲは期待以上の見事な花でした。5年前 に訪れたときは6月の霜害で花が極端に少なかったことがあります。
 ゆっくり昼食を摂りながら花を眺めていると側の方が日食を教えてくださいました。 丁度この日は吐喝喇(トカラ)列島で皆既日食が見られる日だったのです。空を見上げると雲を通して欠けた太陽が ぼんやりと見えました。

 三平下から三平峠を経て大清水に降りました。新宿までの直通バスで帰りましたがこのバスは便利です。 2泊3日の山行はたいへん良かったです。
 会津駒ヶ岳と尾瀬で見られた花を掲げます。この他にマイズルソウ、シャクナゲ、ゴゼンタチバナ、 モウセンゴケ、キンコウカ、ヒメシャクナゲなどが見られました。
チングルマ 2態イワイチョウ ヒメサユリハクサンチドリ
トキソウ 2態コイワカガミ ツマトリソウコバギボウシ(?)
ギンリョウソウベニサラサドウダン オゼソウ と ワタスゲアズマシャクナゲ シロバナニガナ
ミズチドリキンコウカ シナノキンバイ

 (終わり)