平 ヶ 岳

 2005. 8. 9.

△山の頁 top
△top page

銀山平、伝之助小屋から近い日本百名山

 ツアーで8/9(火)に平ヶ岳を歩きました。今回の山行で予想外が二つありました。
 山小屋と思っていた伝之助小屋は温泉付きの民宿ですね。きれいな建物で浴衣もありますし、何よりも食事が 素晴らしい。材料はすべて地のもの、山菜として太くて長いゼンマイの煮付け、イタドリのきんぴら、アケビの新芽の おひたしまで出ました。全く予想外でした。足の便さえあれば温泉と食事だけで来たくなるような"小屋"です。

名のとおり平らな平ヶ岳、右は玉子石への道 帰路撮影

 もう一つの予想外とは林道を通るとあっけない程早く山頂につくことです。平ヶ岳への登山路は福島県側の桧枝岐村、 御池の先、平ヶ岳登山口から往復10時間です。前から勧められていたのですが、遙かな山という感じでした。 それが2時間半で登山口から湿原の入口に着くのですから。

伝之助小屋

朝食の場所、 1475m 風雪を凌ぐ喬木群


 小屋を朝4時にマイクロバスで出発、国道御池に向かって走り、約30分で林道に入ります。林道は58人の共同 所有地を通りますので一般車は入れません。危険個所は舗装していますが大部分は砂利道です。約1時間で登山口に 着く頃は明るくなっています。登山口にトイレと水場があります。
 登山口から直ぐに沢を渡り急登約30分で登山口からも見える喬木の集まった場所で朝食休憩。更に50分余の急登と、 普通の登り道30分で樹林帯を抜けて湿原の木道に出ます。ここからは低潅木地、草地と、所々の湿原の混じった 緩やかな起伏の道を、玉子石、池の岳(姫池)、平ヶ岳と歩きます。

玉子石

池の岳の湿原から臨む平ヶ岳

姫池越しの平ヶ岳、残念ながらガスで半分しか見えない

 平ヶ岳から往路を戻り、途中から凹地に下ると沢が流れ、沢の横に板を張った休憩所と水場があります。 ここで昼食休憩。
 休憩後沢を遡るように尾根に出ると往路に出、ここから戻ることになります。登山道入口に着いたのが13:40 ですから歩行時間は7:50、但し2度の食事や途中の休憩がありますから実質5時間余です。ちょっとあっけない 感じでした。
 私達ツアー以外に単独登頂のかたが数人(女性が一人)いました。日枝岐から歩かれたようです。
 湿原には木道が敷かれています。低潅木地はハイマツ、シャクナゲ、ツツジ、笹などの混生で背丈ほどです。  玉子石は写真のように風蝕で雪だるまのような形に削られた岩で、その先に池塘が見えます。緩やかな池の岳 山頂には池塘が広がり、大きな姫池から見る平ヶ岳が撮影ポントですが、残念ながらガスで半分覆われていまい ました。  前日小屋に着いたときは雨、この雨は間もなく上がりました。朝は好天でしたが山上では雲がかかり、残念ながら 遠くの展望は利きません。
 ガイドは桜井昭吉さんという方で深田久弥が平ヶ岳登頂の時の案内人です。深田久弥はカメラは使わず、休む 時に熱心にメモをとっていたそうです。

平ヶ岳から凹地に降りると沢、沢には木立とコバイケイソウ

水場の休憩所からコバイケイソウの咲く緩やかな尾根に登る

低潅木地帯


以下花の写真の一部です。

湿原のモウセンゴケ、トンボの残骸がたくさん見られる

イワショウブ

ツルアリドウシ

カラマツソウ

登山途中で見られた実

登山途中で見られた地味な花

サンカヨウの実

キヌガサソウの実、花と同じ形

ハクサンフウロ

イワイチョウ

イワカガミ、残雪が最後まであったと思われる地形で

 

(平ヶ岳 終わり)